スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主治医は過失ないかも 「東海美容外科クリニック」で手術中に女性が死亡

この手の事故は美容外科に限らず 歯医者で抜歯のためのキシロカインの局麻で 毎年 幼い子が複数亡くなっている

今回の全麻は たぶん豊胸手術

ジョニの経験では どんなに事前に皮内反応やパッチテストをやっても 麻酔事故は起きる


美容外科医はもちろん 外科医はみんな このニュースに内心 ドキッ としたはず
このニュースに近いことはけっこうみんな ジョニを含めて経験しているから

以前のジョニのブログで


ジョニの上司が 『今まで大きな事故を起こさなかったのは 幸運以外のなにものでもない』と述懐していたのは そういうことだ

麻酔事故は まるでロシアン ルーレットみたいなものなのだ

悪性高熱ならダンドロレンを用意しとけばいい

なんて教科書通りのことはまず起きない

突然 全麻中の患者が痙攣起こしたら
ICU で麻酔科標榜医でも当たらない限り 救命は難しい

救命救急に搬送する前に応急処置していないでしょ なんてシロートが指摘してるけど

患者の気道確保の挿管すら困難な例もある


世論 マスコミは 今回の事故を起こした医師を叩こう叩こうと 力んでるみたいだが

不可抗力の可能性も充分ある


だれも事故を起こそうとして美容手術してないんですよ

名古屋の大きな美容外科でも同様の事故が起こり 患者が亡くなったことがある

それ以来 この美容外科では全麻の時は かならず 千種の県立ガンセンターから麻酔科医をパートタイムで招聘していた


財力の乏しい個人経営の美容外科ではとてもできない芸当だ

あの サフォでさえ 執刀医が全麻しているから


蛇足ながら

共立美容外科の総院長だった真崎信行先生は もともとは麻酔科医である

彼が美容外科の基礎を学んだ高須クリニックでは麻酔科医の真崎医師の就職はとても歓迎された


(以下引用)


名古屋市中村区名駅3丁目「東海美容外科クリニック」で手術中に女性が死亡、死亡原因は不明で警察が捜査

この女性の突然死はな2017年2月27日午後7時半頃から愛知県名古屋市中村区名駅3丁目の「東海美容外科クリニック」で美容整形手術を受けていた千種区内に住む32歳の女性患者が突然、意識不明になり別の病院に搬送されましたが搬送先の病院で死亡が確認されたものです。

現在までに手術を受けていた女性が死亡した原因などは分かっておらず、警察が遺体の司法解剖を行い死因の特定を進めると共に、手術を執刀していた医師や手術に立ち会っていた看護師らから当時の状況について話を聴いているということです。

死亡した女性は局所麻酔をかける手術を受けていました。執刀していた男性医師と看護師の2人で手術を行っていましたが、医師と女性が話している最中に急に意識を失ったとみられており、消防に通報が寄せられました。

more-news.jp/article/detail/16706
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

もしグラドルなんかが死亡したらマスコミはセンセーショナルに伝えるんでしょうね~
叩いて叩いてたたきまくりそう。

ヤフーのコメント欄が整形の是非であふれてました・・

リスクとともに対価を得る。大変なお仕事。
プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。