前原外相は25万円で辞任、甘利の後任は『明智光秀』石原に




みごとに『おとり捜査トラップ』に引っかかった甘利氏

自民党や彼の周辺が はめられた と騒ぎ立てるのも一理あるかも

だが 2011年菅内閣の外相だった前原誠司氏は『外国人からの献金が違法』というだけで辞任に追い込まれた
中国や東南アジアの諸国では たった25万円での辞任に驚きの声が上がった
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO24564900X00C11A3MM8000/


それに比べたら 素性も知らぬ相手から1200万円を超えるキャッシュを受け取ることが どんな結果になるか
甘利氏が知らぬはずもないだろう

甘利氏には同情の余地もない とジョニは考える

週刊誌には 献金あるいは贈賄した相手方の素性や素行についていろいろ書き連ねてあるが 金を受け取らなければ済む話だ

ただし TPP交渉が妥結し形としてほぼまとまった後でのスキャンダル暴露に まだ文春流の良心を垣間見る思いがした

さて 甘利氏の後任の石原伸晃

2012年9月、自民党幹事長として支えるべき谷垣総裁を押しのけて、自民党総裁選に立候補を表明、谷垣に詰め腹を斬らせたことでも 後世に名を残す政治家となった

こんな人品の卑しい者が側近であることがまもなく安倍政権の命取りになるだろう


(以下引用)


 甘利明TPP担当大臣(66)と公設秘書に、政治資金規正法とあっせん利得処罰法違反の疑いがあることが週刊文春の取材でわかった。千葉県内の建設会社の総務担当者が週刊文春の取材に応じ、メモや録音を基に金銭の授受を証言した。

 この男性によれば、独立行政法人都市再生機構(UR)が行っている道路建設の補償を巡り、甘利事務所に口利きを依頼。過去3年にわたり、甘利大臣や地元の大和事務所所長・清島健一氏(公設第一秘書)や鈴木陵允政策秘書に資金提供や接待を続け、総額は証拠が残るものだけで1200万円に上るという。

2016.01.20 16:00 週刊文春ネット
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5795
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード