中国経済 終わりの始まり



これから2015年 年末にかけて
中国国民と中国政府は 資本主義経済の舵取りの難しさを骨身にしみて体験することになるだろう

昨今の中国株の乱高下について 株の空売りをすることを法律で禁止

なんと 証券取引所の一時閉鎖までシーチーピン政権は強行

これが逆に 中国経済のさらなる不安材料になることを身にしみるほど学んだはずだ

ほかにも
中国の人口ピラミッドの少子高齢化と賃金の上昇

賃金の地域格差 と労働人口の移動による都市の疲弊

公害対策やインフラストラクチャーの費用の爆発的増加

集まって騒げば なんとかなると考える、能天気で民度の低い国民性

さらに今週の天津での化学プラント大規模火災など

日本や西側経済は さまざまな中国の現況や将来を織り込みながら 金融 投資 財政投融資を展開して行く

中国元の唐突な切り下げ
など これからも 長期的な視点を持たない、その場かぎりの中国政府の経済政策は 頻発する

日本は 海外投資の軸足を引き続き中国から
ミャンマー、インド、ベトナムへと分散させる必要があるだろう

殷や前漢の時代の竪穴式住居生活に戻るほど崩壊するやもしれぬ中国を注意深く見守る必要がある

そのうち 『爆買い』 は 中国バブルを振り返る、過去のキーワードになるだろう



(以下引用)


 中国の株式市場が2015.8.18日、再び急落した。代表的な指数の上海総合株価指数は前日より6・15%下落し、3748・16ポイントで取引を終えた。値下がり幅は先月27日以来の大きさで、中国市場が依然として、動揺しやすいことを示している。
 18日の上海市場は午前中、前日より値上がりして取引が始まったが、午後にかけて売りが売りを呼ぶ展開となった。国有企業改革への期待を背景に値上がりを続けてきた銘柄に、利益を確定するための売りも出た。深セン市場も、6・56%下落した。(朝日新聞)







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード