スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党の武藤貴也議員が、戦争法案に反対のSEALDsに「戦争に行きたくないと言うのは自分中心、極端な利己的考え」


滋賀4区の有権者は とんでもない議員を国会に送り出したものだ

2015年7月31日、平和安全法制に反対する学生団体SEALDsの国会前抗議について自身のTwitter上で「SEALDsという学生集団が自由と民主主義のために行動すると言って、国会前でマイクを持ち演説をしてるが、彼ら彼女らの主張は『だって戦争に行きたくないじゃん』という自分中心、極端な利己的考えに基づく。利己的個人主義がここまで蔓延したのは戦後教育のせいだろうと思うが、非常に残念だ」と投稿


戦争に行きたくない ことを身勝手な個人主義 と断定する
なんでこんなやつが代議士に送り出されてきたのか

滋賀四区 この選挙区の有権者全体の良識まで疑いたくなる

彼はきちんと世界史を勉強したのか
日本国憲法を前文からひと通り 熟読したことがあるのか
それより 精神科を受診 すべきだ
プシコパティーなんだろ

いままでの自民党政治家の放言は ある程度 世論や報道を意識、ひと捻りした差別発言、過去の日本の侵略を曲げる発言がほとんど

正しい日本の政治や憲法、安全保障法制をある程度 意識しての確信犯がほとんどだった

こんなにあからさまな基本的人権を無視した暴言は先の戦争以来はじめてだろう
てか 自分にとっては不愉快で不本意な日本の近代史を勉強してないのだろう

しかも与党では誰も諌めない
わずかに自民党幹事長の谷垣禎一が「自民党を支える人々の中にも『戦争はこりごりだ』という感覚があることを謙虚に学ぶ必要がある」
と述懐するのみ

安倍の威を借りたキツネは、このバカッター一発で議員辞職モノなのに 自分が深刻な無知を晒した とは思いだにしていない

野党が議員辞職を迫れないのも情けない
公明党は与党ボケしたのか

1日もはやく この男が政治の表舞台から消えるのを願っている











スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。