スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特典マイル改悪のANAへ いつか利用客の逆襲を食らうよ




2015年4月12日からANA国際線 ビジネスクラス、ファーストクラス利用時の必要マイレージの大幅増加
となる
現行のおよそ5割の大幅な値上げとなる

まあ航空会社の肩を持つわけではないが・・
ダイヤやプラチナの会員が相応の金額を落としてない ということが判明したようだ


航空会社のマイレージ制度では、プラチナ会員、ダイヤモンド会員が必ずしも収益性が高いわけではない


このことが業界で認識され始めたのが2012年頃、つまり、ビッグデータ分析が始まった頃

そういえばジョニーの周囲の空友は以下のような傾向が強い

ダイヤの来年の資格を獲得した後は 社用でも特割は避けて45割にしている
最悪でもプレミアム席には座らない 

秋田から羽田のプレミアム席用に提供する機内食の、サンドイッチがあまりに悲惨な出来栄えで これが1500円もするか?とネットで騒ぎになったことも プレミアム席離れに拍車をかけた

ま 本題に戻って・・


これからの将来の航空会社のアイレージ制度は デルタ航空が2015年から導入する考え方に集約されてゆくだろう

すなわち 顧客1人が年間、その航空会社に支払ったトータルの金額に応じてマイルを付与


ただし 航空会社の上層部はこれだけのことは肝に銘じておけよ

たとえ飛行機代を全額、会社に負担してもらっている客も その半額近くは自腹なんだぞ!

その理由は税制にある

月に10万円を超える、旅費交通費を会社、病院などから支給されている個人は 10万円を超える全額を個人の収入として国税に見なされる

つまり 毎月 50万円を航空券代として支給されている社員や契約医師は そのうち40万円を所得と認定されてしまう←いちばん重要ナポイント

つまり毎月40万円 月収が増えるので 毎月の所得税と地方税の負担は 20万円増加する(所得税率40%+地方税税率10%なので)

つまり航空券代50万円のうち20万円は本人の負担となる
特定支出の控除にも該当しずらいしね

年間600万円の航空券代のうち240万円も自腹を切って航空券を購入しているのだ

ここまで犠牲を払って ANA などに乗り続けているのに 会社側の論理だけで マイル特典の改悪を強行していると
いつか利用客の逆襲を食らうだろう




ANAの新しいマイル特典航空券の早見表
ana-mileage.jpg











スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。