〈美食レストラン〉1 JULY 2014 ANAファーストクラス機内食 羽田フランクフルト線②

image.jpeg

鱸 スズキ のお造り 

鱸の肉質は刺し身よりは ムニエルの方が向いている

見た目は美味そうな白身なのだが・・

ベショベショして 身はザラザラ シャーベット状になっていて口のなかで気持ちが悪い

冷凍保存の技術に問題がありそうだ



image.jpeg

リーフサラダを途中で入れてもらった 本来は洋食のコースメニューではなく ア・ラ・カルト

パパイヤドレッシング ハードチーズのミモレットのせ

放置して乾燥しちゃった感のあるチーズはなくてもよかった



image.jpeg

白身魚と 洋食のメインの牛ホホ肉 の途中でのワイン

白でも赤でも おすすめのワインをお願いしたら この Chateau de Legagnac シャトー ド リュガニャック を持ってきた


カシスやブルーベリーをミックスした香り、濃厚な味わい


image.jpeg

国産牛頬肉の赤ワイン煮込み  キャロットのピューレ

脂肪分で じっとり柔らかい が神経を逆なでされる歯触り 半分残し


コンビーフみたいで 口のなかが牛脂でギトギト

素材のホホ肉自体 ジョニは苦手 


image.jpeg

2014年7月から ファーストクラス フランクフルト線 和食の担当が湯河原の日本旅館 石葉になったので お手並み拝見 てことで

特別にお願いして洋食の間に 和食の煮物と主菜を入れてもらった


image.jpeg

うなぎの蒲焼

image.jpeg

まるまる一尾分 ふっくらしていて弾力もある、白身 国産かな?


image.jpeg

こんなもの 日本ではわざわざオーダーしない よい機会なので興味深くいただく

加茂茄子 パプリカ ハス芋 煮穴子 穏やかな味わい かすかに鰹節のかおり





image.jpeg

デザート 

クイニーアマン

オイルをしみこませて焼き上げたのに、しっとりあっさり 噛みしめると ほのかな甘み

醜男だが 付き合ってみたら いいヤツ だった って感じか


タルトショコラ バニラビーンズ アイスクリームを載せて これ今回のイチ押し

二層のチョコがサクサクした歯ごたえ 舌のうえでとろける粒子の細やかさ

ジョニの好物、広尾 アクアパッツァのチョコより食べやすい

半分残し のつもりが 完食しちゃった

CP 草野さんがチョコドレッシングを気を効かせて かけなかったのでほどよい甘さに仕上がった


檸檬チップ入りペリエが 甘ったるい喉をリフレッシュ




マンゴーのスライス マンゴーのムース なかは二層になりマンゴーのスライスが折り込まれている

チョコ焼き菓子のバニラアイス乗せ このしっとり感と濃厚なカカオの味は絶品 ジョニはお替りした




image.jpeg

カプチーノ 3種の焼き菓子 シュークリームのストロベリークリーム掛け チョコレートケーキ

スコッチケーキ





image.jpeg

朝食 和食が素敵 

 湯河原の日本旅館 ミシュラン二つ星 石葉 の日本食

小鉢 干し胡瓜 芋がら胡麻和え

胡瓜とわからなかった 蕗フキ と思っていた
芋がら も胡麻を楽しむための脇役になり切っている


丸茄子の肉味噌掛け

和食はわざわざ名店に足を運ぶことは まれなので 興味津々

濃厚な天城軍鶏の肉味噌の強さをしっかり受け止める、丸茄子の緻密でどっしりした存在感はたいしたものだ

桜海老の佃煮は香りを楽しむ
小さいころからジョニは桜海老が好きで 沼津まで出かけて旬の採れたてを味わったことも

塩鮭 塩加減はよく調整されている
まぁ シャケ弁当のしゃけ だね

石葉のシェフが シンプルな味を強調したかったのなら 目論見どおりだろう



image.jpeg


左 漬けマグロ丼

単調なマグロに 大葉と自然薯の短冊でアクセントをつけた一品

見た目も 桜の花を思わせる 盛合せはお見事 機内食なのに恐れいりました

医食同源と同時に 和食の大きな特色は、芸術品になっていることだろう

さしずめ 板前さんは巧まざるも、芸術家となり得るのだ








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード