スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈美食レストラン〉13 JUNE 2014 ANAバンクーバー羽田線ビジネスクラス機内食




image.jpeg

アミューズ  パテ・ド・カンパニュ 
とにかく下地のパテが臭くてドロドロ 見た目とコストを優先させるとこんなメニューになるっしょ

 エリンギのソテー パルメサンチーズの香りをのせて

オリーブ、チーズとドライトマトのマリネ
ジョニはドライ・アプリコットの方が好き



image.jpeg

ニース風サラダ

野菜がほんのわずか エア カナダのMAPLE LOUNGE で グリーンレタスやセロリ・バー や生キャロットをいただいていたので いいや

盛り付けが下手
アスパラが 窮屈そう

ゆで玉子が裸で放置され 品がない
カットを波形にしてドレッシングを盛り付けたらよいのに

ホタテは冷めて乾燥気味だが うす味の塩加減で食べやすい 炙れば香りそう
エビはプリプリの芝エビもどきのメイエビ笑




image.jpeg

うふふ パンケーキ風のまあるい雲がアリューシャンの海上に浮かぶ



image.jpeg

主菜

牛フィレ肉のステーキ

オリーブオイルとハーブに一晩漬け込んだ肉 パンチェッタとトマトソース



image.jpeg

しっかりしていて、柔らかく食べやすいカナダ産の牛肉フィレ
フランクフルトから積んでくる牛肉フィレはファーストクラスのものでも スジがあって歯に引っかかる

住んでる人種に牛の肉質も似てくるのかな


image.jpeg

主菜 タイのソテー 

ほのかにタイムの香りが口のなかでひろがる
タイ ってどんな調理しても 旨みが滲みでてくるんだね

CPさんに無理言って メインは一つなのだが 肉と魚 両方持って来てもらった

牛フィレで満腹のあとにいただくのは タイには申し訳ないことをした


image.jpeg


デザート これも3つのうちから1つチョイスなのだがいつも全種類いただいている

チーズ

カンボゾーラ

ゴルゴンゾーラをカマンベールで包んだもの

ゴルゴンゾーラの塩からさ がカマンベールで緩和されてクリーミーな舌触りに 残さず全ていただいた

グリュイエール





クルミパン
キャロット 胡瓜 セロリのバー

セロリの青く若々しいかおりが口いっぱいに広がる
幼い日の、 緑 燃え上がる初夏のころを想起させる


プルーン




マンゴーパフェ

クリームは牛乳に ヤシ油脂か魚油をまぜたのかな 素直に舌先でとろけない


塩チョコ

塩チョコのなかは塩キャラメル これ素直に美味しかった


フルーツ盛り合わせ

スイカ キウイ オレンジ マンゴー

どれも解凍? 甘味がない 果肉もゆるい




image.jpeg

カフェラテ

CP 渾身の作 あんまし美味くね笑
ミルク独特のほのかな粘り気がない
泡だて方も品がない

修行してきた方がいいかも (ごめんなさい 生意気言って)


image.jpeg

着陸2時間前にパッチリ目が覚めるジョニー

瑞々しいリーフサラダで身体も目覚める

image.jpeg


まるでエコノミークラスのメニューに 容器だけ磁器に移し替えた出来栄え

ビシャビシャのパスタにサフラン・ライス 間の抜けたトマトソース 

こんなのが昼食になるなんてANAもなにをケチっている?









スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。