スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<美食レストラン>20 MAY17 ANAファーストクラスフランクフルト羽田線 和洋食

0501 5/20 Japan Time

image3.jpeg

まずは お約束の KRUG で 乾杯 !

アミューズ

image5.jpeg

アーティチョーク オリーブとカンタローブのプロシエット

エメンタールチーズの生ハム巻き

ジョニはマスクメロンのプロシュート巻きが好き

チーズペッパーバー


image2.png



image6.jpeg

グリーンサラダ
柚ドレッシング クリーミーペッパードレッシング トマトドレッシング 全部用意してくれました



image3.png

先付け


image7.jpeg

ずわいカニの酢浸し

久しぶりに きちんとずわいカニと向き合う 程度は知れているが まあまあの味 タラバには足元にもおよばないけど
口汚し 程度かな


前菜

image8.jpeg

バイ貝ガーリック炒め 固くて噛みきれない



浅利真丈



牛肉味噌漬け焼き

見てくれ は不味そう 案外 楽しめる 味噌の風味も充分効いている



筍と烏賊の山椒味噌和え

こんなもん よく考えつくなぁ 美味しいぢゃないか



杏ワイン蒸し

奈良漬け の洋風版ね



バター鋳込み



のし梅

煮こごり みたいな 桜🌸のかたちをしたもの


image4.png

image9.jpeg

お椀

魚麺

椎茸が慈愛深い いい味出している 白身魚の身をすりおろして 粘り気が出るまでよく練り、それを打ち出ししたものを加熱して麺にした

出汁の塩梅もうす味で喉越爽やか 椿山荘の椀ものよりはマシ



お造り

image10.jpeg

鮪と平政の炙り いくら添え

マグロもヒラマサも ねっとりして まろやかな ふっくらした旨みを感じる ドイツ人が謹製したとは ちょっと驚き

これで粉山葵でなく 本山葵のすりおろしなら もっと旨みが引き出されるのに



煮物

image11.jpeg

海老の白味噌煮 海老の噛み心地が しっとりしていて マル



酢の物

image12.jpeg

あん肝酢


image5.png

あの いつも居酒屋で供されるヤツ ねっとりして いい味出してる


主菜

image13.jpeg

銀鱈照り焼き

白身に出汁が染み込みすぎ

鱈がファーストクラスの主菜なんて いつも情けなく思う ただ ドイツ人のシェフが整えたのを知ると よくぞ ここまで調理したなぁ とは思うけどね 鱈はタラ 飽きが来るね

image8.jpeg

三種の漬け物 

image4.jpeg

チーパーさん 優しくて親しみやすい 可愛いとさえ思えてくる



洋食



アペタイザー


image16.jpegimage17.jpeg
パンナコッタと帆立貝のゼリー寄せ トマトスープ キャビアとともに

キャビアをトッピングしていただく設定のメニューなのだが・・・

image15.jpeg

本物 ベルーガ種のチョウザメのキャビア ジョニに 缶ごとサーブしてもらった 太っ腹 100g 10万円もするのに


image2.jpeg


メインディッシュ

image3.jpegimage4.jpeg

牛フィレ肉のステーキ ミディアムレアのミディアム寄り

2/3 残しちゃった 不味くはないが 美味しくはないよね


デザート


image6.jpeg

あたたかいマスカルポーネクリームのクレープ マンゴーとパッションフルーツのソルベを添えて
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。