ジョニーの上司の外科医の長女がきょう、帝京大医学部に繰り上げ合格した


ジョニーはいちど彼の自宅に招かれたときに この娘さんと言葉を交わしたことがあったので印象深い

彼女は埼玉県内の私立の進学校を2012年に卒業し、現役のときにも医学部を受験して失敗、一浪ではじめて帝京大医学部医学科を受験したらしい

面接では中学、高校の6年間、運動部の部活に明け暮れしたことなど聴かれたようだ





いちばんジョニーが驚いたのは その 彼女が今回選択した受験科目

英語 物理 国語


この3科目で 3日間連続で受験に臨んだという

数学が苦手で 数学のない医学部を捜し、帝京を受験したようだ

当然 帝京大学医学部しか受験できない







よほど 上司はうれしかったのか 

彼の自宅にきょうの夕刻に速達で配送された、3月31日付け入学許可証の画像までジョニーは見せられた



彼が出勤する直前の3月31日午前9時ころ 自宅の固定回線の電話に見慣れぬ、3964-4*** からの着信があったという

普段は 見知らぬ電話には家族はだれも出ないのだが きょうに限って彼が受話器を取ったところ

女性の声で

「こちらは帝京大学医学部本部の事務室ですが もう おたくの娘さんは どこかに入学が決まっていますよね?」

彼はそれで ひょっとして・・ と思ったという







「はい もう薬科大学へ入学が決まってますが なにか・・」と応えると

声の主が言いにくそうに

「実は 本日、入学辞退者が出たので もし いまからでも 帝京大学の医学部に入学する希望があるなら、入学を認めますが いかがですか?

 
ただし入学金と初年度分の費用 前期分1070万円 か 一括 1420万円を 4月の2日までに 大学あて振り込んでいただきますが・・」



で 彼は二つ返事で 「はい 入学します」と答えたという


あとで彼が調べると、帝京大学医学部の入学金が入学辞退者に返金されるタイムリミットがきょうの正午までだったらしい

「もし あのとき電話に出なかったら 入学の権利はほかの受験生にうつっていたはず」

と彼は言う


それから 彼が長女に電話したら 娘さんは 戸惑っていたという

もうすっかり 医師になることをあきらめ、薬剤師になる と決めていたからだ


しかも その薬科大の入学辞退者への入学金返金の期限はきのう 3月30日までだったという

「あと1日 帝京の繰上げ合格の連絡が早ければ 薬科大の入学金200万円 返金されたのに・・・」

と 彼はちょとだけ残念そう






でもそのあとはきょうの上司は

『心ここにあらず』といった風情で ずっと放心状態だった


「我が家の今年の十大ニュースのトップだ!」とポツっと話していた



でも帝京って 卒業までに 5400万円以上かかるようだ

本当に カネで医師免許を購入するようなもん



それはとにかく・・・


ジョニーは自分が国立大学医学部の合格を知ったとき、真っ先に思ったのは

「もうこれで 数学を勉強しなくて済む 浪人しないで済んだ」という安堵だけだった


彼女が患者に優しい女医になればよいな と思っている

人の一生なんて こんなことで決まっていくんだね


















スポンサーサイト
プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード