病気に感謝

わたしの研修医時代、内科ローテートのときの恩師から きのうメールをいただいた


タイのプーケットで彼の人生初めての3週間の長期休暇をとっているらしい


日焼けして こぼれるような笑顔の写真が添えられている


彼は内科専門医で50代 8年前に開業してからも寸暇を惜しんで働いた


彼の毎年の所得税がわたしの年収を軽く凌駕するほどだったが 過労とストレスで去年半年 闘病生活を送った


そのときに初めて 自分の中2の娘とじっくり話ができたという

彼には高3の長男 小2の次女がいるが 反抗期の長女とは2年近く 口もきかなかった


彼の妻とも入院先のベッドサイドで毎日じっくり いろんなことを語り合ったらしい

彼女は 彼の入院をむしろ喜んでいるようだったという


で、退院するやいなや 彼は周囲に宣言した

「これからは毎年10か月 週休2日で働き 2カ月は完全休養にあてる」


彼の病院のスタッフは仰天したが 結局 彼に押し切られたようだ



この2カ月の休息で喪失の年収は 税率50%近い所得税を勘案すれば 1か月分の減収にしかならない

そんな計算も働いたのだろう


彼のメールの最後の文章に考えさせられた

「走っていると見えない景色ってあるんだね 病気に感謝している」
スポンサーサイト
プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード