スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなバカが産経をダメにした

グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が昨年2月、日教組集会の会議場使用や参加者の宿泊を拒否して日教組から訴えられていた問題で東京地裁は28日、プリンス側に請求通り約3億円の支払いなどを命じた

それに対して 産経系列の 夕刊フジが 驚くべきコメントを残している

>・・・集会が予定されていた2月2~4日にはホテルから半径2キロ圏内にある北里大や聖心女子学院など12の学校で入試が行われており、「7000人超の受験生が騒音や交通規制に悩まされ、取り返しのつかない事態になりかねなかった」(プリンスホテル)という。

 それでも、ホテルには宿泊者が感染症にかかっている場合や暴力団など風紀を乱す恐れがある場合を除き、宿泊拒否はできないとする旅館業法が適用される。一度契約した宿泊予約は原則として解約できないため、今回の全面敗訴は当然ともいえるが、ホテル業界の“本音”はあくまで別だ。

 「実際に150台もの街宣車に騒がれては、ホテルの信用問題にかかわる。プリンスが3億円の支払いを覚悟してでも使用を拒否したのは当然。今回の判決が今後のホテル業界に与える影響は計り知れない」(大手ホテルチェーン営業部長)

 ホテル内では、婚礼や顧客企業の重要会議なども行われており、プリンスが集会を許可していれば失うものはさらに大きかっただろうという。今回の問題はプリンスが日教組と契約してしまったことが発端ではあるが、客室や会議場に余裕があれば、ホテル側はそもそも断ることはできない。各ホテルには何とも頭の痛い判決なのである。<


明らかに 付近の住民の平穏を重視して日教組の集会を断ったプリンスホテル側の肩を持った 呆れて物もいえない論評だ


集会・結社の自由は 基本的人権のなかで もっとも根幹をなす大切なもの


それを報道の自由を享受する マスコミの一員が平気で踏みにじる


マスコミの一翼を担う自負があれば まず右翼の街宣車を糾弾するのが使命というものだろう


「各ホテルには何とも頭の痛い判決なのである」なんて 寝ぼけたこといわれては わたしたちのほうが頭が痛くなる




だから 産経は三流新聞と揶揄されるのだ

そのうち 東京スポーツが 産経にかわって五大紙に昇格する日も近い??
スポンサーサイト
プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。