スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ネタバレ)ディカプリオの レヴェナントThe Revenant - Der Rückkehrerを観て



revenannt.jpg
アカデミー賞3部門を獲得した ハリウッド映画 The Revenant - Der Rückkehrer を2016.4.6 ベルリンで鑑賞

アメリカン・インディアンの土地と資産を強奪、虐殺した 独立から47年のアメリカ合衆国の市民たち

広島と長崎に原爆を投下し、数十万の一般市民を殺戮、人類史上稀にみる戦争犯罪を犯し、堂々と世界中に開き直りと言い訳を重ねるアメリカ合衆国のDNA は アメリカン ネイティブの排斥とかれらの財産の強奪ぶり にすでに片鱗を見いだせるのである

その加害者側から見た、西部開拓史のなかの苦労話を美化し、勝手に映像化した作品である
このなかで ネイティブアメリカンは 総じて 意思薄弱か 殺人狂として ステレオタイプに描写されている

その昔 プラトーン という ベトナム戦史のアメリカ側からの物語が映画化され 世界中からヒンシュクを買ったようだが その蒸し返しである

そんな 侵略者のアメリカ側からの視点で アメリカ近代史を垣間見たい者は 明後日からの 日本封切なので シネマ館に足を運べばよいだろう

強いて言えば グリズリーと彼との死闘が呼び物だが たいした映像シーンでわない

最後は 馬上で射殺されたふりの グラス(ディカプリオ)が 彼の息子ホークを殺したフィッツジェラルド
(トム・ハーディ )を返り討ちして めでたし めでたし


熱狂的な Leonardo Wilhelm DiCaprioファンなら 興味深く鑑賞できるだろう


(あらすじ)
ウィキペディア そっくり引用

2015年のアメリカ合衆国のウエスタン伝記映画作品原作は、作家マイケル・パンク(英語版)の小説『蘇った亡霊:ある復讐の物語』(The Revenant: A Novel of Revenge)で、アメリカの西部開拓時代を生きた実在の罠猟師ヒュー・グラスの半生と、彼が体験した過酷なサバイバルの旅を描いている

1823年、西部開拓時代のアメリカ北西部、極寒の荒野の中、狩猟をして毛皮を採取するハンターチームはネイティブアメリカンの一団に襲われ多大な犠牲にあいながら命からがら船で川を下る。チームのひとり、ヒュー・グラスはネイティブアメリカンの妻との間にできた息子、ホークとともにガイドとして同行していた

船を捨て山越えルートを選んだチームは森で野営する。翌早朝、グラスは見回り中に子連れの熊に襲われ、瀕死の重傷を負う。急ごしらえの担架でグラスを運ぶが山越えには足手まといであること、瀕死でもあることから、隊長のアンドリュー・ヘンリーが死ぬまで見届け埋葬する者を募ると、ホークとジョン・フィッツジェラルド、若いジム・ブリッジャーが残ることになった

ジョンは2人がいない時にグラスを殺そうとするところをホークに見つかり銃を向けられるが、返り討ちにし殺してしまう。ジョンはジムを騙しグラスに軽く土をかけただけでその場を離れる。一部始終を見ていたが動けないグラスは奇跡的に一命をとりとめ、折れた足を引きずり這いながらジョンを追う







スポンサーサイト

岡田准一主演『永遠の0』は日本版プラトーン




百田尚樹氏のベストセラー小説をV6宮崎あおい との不倫の岡田准一主演で映画化した『永遠の0』

この映画が 公開37日間で興行収入59億円、観客動員数は483万人を 突破

週末興行成績ランキングで 6週連続1位となり「V6」を達成したことが27日、わかったが


ベトナムを舞台にした、オリバーストーン監督、1987年公開のアメリカ映画『プラトーン』を思い出させる


ベトナムから帰還した兵士の悲哀と病んだ心を巧みに描きだして全米で空前のヒット作となりアカデミー作品賞などを獲ったのだが・・

まるで戦地ベトナムの人々への配慮がなく まったく内向的、アメリカ軍内部での人間の葛藤が題材になっている

当然 フランスやカナダでは興行的にはふるわなかったようだ

 

『永遠の0』も祖国日本、愛する女性 大切な肉親や日本国民への思慕と愛国の情が画面いっぱいに描出されていて 日本人の涙腺を刺激してやまないのだろう

だが そんな日本人の心の葛藤には 勝手に日本に喧嘩を売られ侵略された中国や台湾 フィリピン の国民への思いやりなど みじんもないのだ


愛国の情に異議を唱えるのは難しい

アメリカでのみ 空前の大ヒットになったプラトーンが ほかの国では冷遇され専門家の評価も散々だったのも そんな理由だろう











“Danse Macabre” 自殺した踊り子の遺体で製作したフィルムが凄絶



“Danse Macabre” 自殺した踊り子の遺体で製作したフィルムが凄絶
2014-01-10 12:45:39NEW !
テーマ:映画
写真.PNG



“Danse Macabre”は 元々はフランスの作曲家サン=サーンスの作品 死の舞踏 



良い子のアメブロでは おそらくhttp://vimeo.com/77168541

動画をアップしても削除されるので
ジョニーの関連ブログで鑑賞いただければ と考える


それにしても

日本人にはあり得ない発想から製作された 8分の映画でconceived by Robert Lepage and directed by Pedro Pires

縊死した28歳女性ダンサーの 死後硬直も生生しい遺体を使用してのモノクロ動画


案外 生前は美しい容貌だったのではないか


この動画の製作者Robert Lepage、Pedro Pires の 自殺した女性への愛情や追悼の意図 など余計な感情を汲み取ることはできない

だからこそ 死体から連想される、不気味さや暗黒感が画面から滲みでてこないのか

硬直、屈曲したままの肘や足首を持つ遺体や彼女の表情を『美しい』 と捉えることもあり得るのではないか

究極のニヒリズム・・・



どこぞのアジアの小国や北方の大国で 独裁者の遺体を永久保存して展示するが

このような動画作成の方が個人を偲ぶには印象深くて 効果的だろう







Watch: “Danse Macabre,” a Haunting Short Film About the Motion of a Body Following Death

11.04.2013
Danse Macabre, a short film conceived by Robert Lepage and directed by Pedro Pires, is a haunting eight-minute movie focusing upon the ways a human body can move in the hours and days after death (in this instance, by suicide). Though it probably goes without saying, the film, while beautiful, may be disturbing, and contains some nudity.








宮崎駿 3年ぶり5回目の「長編映画から引退」宣言


ameburo.jpgアメブロイチロー.jpg

イチロー そっくりの老獪


こんだけ マスコミはじめ 世間で騒いでくれたら本望だろう


リベラル知識人のフリ 反戦 反原発
本物のリベラルは苦笑していることだろう


その素顔は ただ 世間に注目されたい、ゴーマン不遜な爺さんの 宮崎駿

コミックの出身で 万博会場で 予約ない客はお断り



アニメ映画の一製作者の引退声明が全国紙朝刊の一面を飾った

だが これ スタジオ ジブリ内の求心力を維持するため と

自身の知名度を維持したい一心での 5度目の引退宣言だ



さすが マスコミの操作と その利用方法には長けているようだ



過去の引退発言

・『もののけ姫』完成後の打ち上げ

 1997年に公開された『もののけ姫』は、ジブリ史上最大の製作費、宮崎の監督引退説などが話題になった事もあり、『E.T.』が持っていた日本の映画興行記録を15年ぶりに塗り替える大ヒット作となった

 宮崎駿は完成後の打ち上げの際、引退してシニアジブリを立ち上げると発言 二馬力を立ち上げている

・『崖の上のポニョ』製作中

 2008年7月19日に、新作『崖の上のポニョ』を公開

 『崖の上のポニョ』製作中、体力的にも本作が最後の長編になるだろうと宮崎は述べていた

http://matome.naver.jp/odai/2137803855197529001より改変


このほかにも

86年「ラピュタ」→宮崎、コケて引退をほのめかす
92年「紅の豚」→宮崎「やりたいことはやった。アニメはもうおしまい」
97年「もののけ姫」→宮崎「これを最後に引退」
04年「ハウル」→宮崎、情熱がもてなくなったと引退を示唆
13年「風立ちぬ」→NHKトップニュースで引退報道
https://twitter.com/NStyles/statuses/374149327641272320



仕事のつまらないミスで いちいち進退伺いをだす、セコいサラリーマンみたいだ


狼老年 宮崎 次に引退宣言するのは 何年後か






〈映画〉猿の惑星:創世記(ジェネシス) は人種差別を扱っている

$美容外科医ジョニー のブログ

まだ、この映画を観たわけではない

ただ、うんざりするくらい各種媒体で紹介、コメントされていると、何度もこの作品を観たようなデジャヴな錯覚に陥る

気になることが2つ


1. なぜアルツハイマー病の新薬でチンパンジーの大脳皮質が特異的に進化したのか、説得力に欠ける

2. チンパンジーを人類以下の見下げた存在、とみんな思っているのだろうが
アメリカやヨーロッパの白人から見れば、彼らは日本人やアジア人を、チンパンジーくらいにしか考えていない

もう少し正確に言えば、白人たちは、黄色人種を『言葉を話す猿』くらいにしか思ってないのだ

そう考えれば

アメリカが なぜドイツではなくて、日本に原爆を投下したのか

アメリカがイラクやアフガンで 非武装の一般市民を面白半分に虐殺出来るのか よくわかる

いまでもアメリカの深南部を歩いていた日本人が、突然遠方から白人に発砲されることも稀ではない


この映画、人類 vs サル ではない

白人 vs 黄色人種 を かくれたモチーフにした作品なのだ



(以下引用)


アルツハイマーの薬を研究しているウィルは、チンパンジーに新薬を投与する。目覚ましい知能の伸びを見せたメスのチンパンジーがいたが、彼女は暴れだし、射殺されてしまう

妊娠していた彼女が産み落とした赤ん坊チンパンジーを育てていたウィルは、シーザーと名付けた彼に高い知能があることに気付く。ある日、アルツハイマーを患うウィルの父親が隣人ともめているのを見たシーザーは、彼を守ろうと暴れ…
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD18592/
プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。