従来のキャベジンを飲み続けると痴呆になる確率がハネ上がる

最近 友人から食べ過ぎのときに キャベジンの錠剤をもらって内服した
その成分が気になって調べたら


キャベジン コーワS 胃腸薬

メタケイ酸アルミン酸マグネシウム  570mg /日
合成ヒドロタルサイト        480mg /日

この2つの制酸剤にアルミニウムが含まれている
合成ヒドロタルサイトの中にアルミニウムが含まれていることに留意

アルミニウムの含有量はそれぞれ、

メタケイ酸アルミン酸マグネシウムには1000mg中 約150mg
合成ヒドロタルサイト      には1000mg中 約 90mg
スクラルファート        には1000mg中 約190mg

各胃腸薬の1日アルミニウム摂取量は

キャベジン コーワS 胃腸薬   約 129mg/日

WHO(世界保健機構)では、 成人(50kg)1日許容摂取量を極量、最大で50mg としている

つまり キャベジンの内服を続けるとWHOの2.5倍のアルミニウムを摂取し続けていることになる
 

2002年、アルミニウム含有胃腸薬に対して製薬会社は以下の注意書きを加筆

「してはいけないこと」の項に「透析治療を受けている人」「長期連用をしないこと」を追記し、「相談すること」の項で「腎臓病の人は服用前に医師または薬剤師に相談する必要がある」ことを追記するよう指示した


アルミニウムと痴呆との相関関係

人工透析器にアルミニウムが使用されていたため患者に痴呆が発生した事件や、1996年3月15日に毎日新聞朝刊での報道記事

「1976年にカナダのある病理学者がアルツハイマー患者の脳から健常者の数十倍の濃度のアルミニウムを検出した例や、脳に達しないという見方が大勢であったアルミニウムイオンが血液脳関門を突破することが明らかになったこと」など

http://www.mirai.ne.jp/~tamo/chiho.html#factor
1989年、イギリスにおいて飲料水中のアルミニウム濃度とCTスキャンを用いてアルツハイマーの発症率との相関が調査された結果、アルミニウム濃度が高い地域の方がアルツハイマーの発症率が1.5倍であることが判明

1970年代には、透析患者における透析痴呆(痴呆に似た症状が出る)において、薬剤中のアルミニウムが原因であったことがわかった アルミニウムが脳内に入った場合、痴呆をひきおこすことは確実 脳内では、アルミニウムは蓄積されやすく、加齢に応じて脳内のアルミニウムは排出されないので増大

飲料水の中にあるアルミニウムは脳に移行しやすいので、これがβアミロイドタンパク(amiloid β-protein,Aβ)の凝集を促進し、このAβの蓄積が脳の老人斑となる


アルミニウムの1日あたりの極量(最大許容摂取量)

http://www.sankyoalumi.co.jp/us_al/al003.htm
厚生労働省はWHOの基準から、アルミニウムの健康に影響を及ぼすことのない最大量(最大無作用量)を、一日当たりおよそ50mgなら生涯摂り続けても害のない量として公表


http://www.aluminum-hc.gr.jp/p_3/p3_main.html
アルミニウム製品の関係者は、アルミの摂取とアルツハイマーは因果関係がない、と強調しているが、痴呆全体との因果関係については言及していない

このページの説明では、「痴呆には脳血管型痴呆、アルツハイマー病、混合型痴呆の3種類があり」、透析痴呆が脳血管型痴呆であるかどうか説明せず、アルミはアルツハイマーの原因ではない、という乱暴な結論になっている

だが あの水俣病も 水銀が原因とは御用学者によって10年以上否定されていた
アルツハイマー病の原因がアルミニウムでない など誰が信用するか

ジョニーはアルツハイマー病の原因がアルミニウムである確率は相当高い と考える

なにやら 今回の原発事故の実態隠しに躍起の 東京電力に実によく似た態度をアルミニウム業界がとっていることがよくわかった

従来のキャベジンではアルミニウムが入っていましたが 現在 流通の「新キャベジンコーワS」 は
アルミニウムをまったく含まず、長期の継続した内服を続けてもかまわないようです

誤解されやすい情報をUPして失礼いたしました

スポンサーサイト

従来のキャベジンを飲み続けると痴呆になる確率がハネ上がる

最近 友人から食べ過ぎのときに キャベジンの錠剤をもらって内服した
その成分が気になって調べたら


キャベジン コーワS 胃腸薬

メタケイ酸アルミン酸マグネシウム  570mg /日
合成ヒドロタルサイト        480mg /日

この2つの制酸剤にアルミニウムが含まれている
合成ヒドロタルサイトの中にアルミニウムが含まれていることに留意

アルミニウムの含有量はそれぞれ、

メタケイ酸アルミン酸マグネシウムには1000mg中 約150mg
合成ヒドロタルサイト      には1000mg中 約 90mg
スクラルファート        には1000mg中 約190mg

各胃腸薬の1日アルミニウム摂取量は

キャベジン コーワS 胃腸薬   約 129mg/日

WHO(世界保健機構)では、 成人(50kg)1日許容摂取量を極量、最大で50mg としている

つまり キャベジンの内服を続けるとWHOの2.5倍のアルミニウムを摂取し続けていることになる
 

2002年、アルミニウム含有胃腸薬に対して製薬会社は以下の注意書きを加筆

「してはいけないこと」の項に「透析治療を受けている人」「長期連用をしないこと」を追記し、「相談すること」の項で「腎臓病の人は服用前に医師または薬剤師に相談する必要がある」ことを追記するよう指示した


アルミニウムと痴呆との相関関係

人工透析器にアルミニウムが使用されていたため患者に痴呆が発生した事件や、1996年3月15日に毎日新聞朝刊での報道記事

「1976年にカナダのある病理学者がアルツハイマー患者の脳から健常者の数十倍の濃度のアルミニウムを検出した例や、脳に達しないという見方が大勢であったアルミニウムイオンが血液脳関門を突破することが明らかになったこと」など

http://www.mirai.ne.jp/~tamo/chiho.html#factor
1989年、イギリスにおいて飲料水中のアルミニウム濃度とCTスキャンを用いてアルツハイマーの発症率との相関が調査された結果、アルミニウム濃度が高い地域の方がアルツハイマーの発症率が1.5倍であることが判明

1970年代には、透析患者における透析痴呆(痴呆に似た症状が出る)において、薬剤中のアルミニウムが原因であったことがわかった アルミニウムが脳内に入った場合、痴呆をひきおこすことは確実 脳内では、アルミニウムは蓄積されやすく、加齢に応じて脳内のアルミニウムは排出されないので増大

飲料水の中にあるアルミニウムは脳に移行しやすいので、これがβアミロイドタンパク(amiloid β-protein,Aβ)の凝集を促進し、このAβの蓄積が脳の老人斑となる


アルミニウムの1日あたりの極量(最大許容摂取量)

http://www.sankyoalumi.co.jp/us_al/al003.htm
厚生労働省はWHOの基準から、アルミニウムの健康に影響を及ぼすことのない最大量(最大無作用量)を、一日当たりおよそ50mgなら生涯摂り続けても害のない量として公表


http://www.aluminum-hc.gr.jp/p_3/p3_main.html
アルミニウム製品の関係者は、アルミの摂取とアルツハイマーは因果関係がない、と強調しているが、痴呆全体との因果関係については言及していない

このページの説明では、「痴呆には脳血管型痴呆、アルツハイマー病、混合型痴呆の3種類があり」、透析痴呆が脳血管型痴呆であるかどうか説明せず、アルミはアルツハイマーの原因ではない、という乱暴な結論になっている

だが あの水俣病も 水銀が原因とは御用学者によって10年以上否定されていた
アルツハイマー病の原因がアルミニウムでない など誰が信用するか

ジョニーはアルツハイマー病の原因がアルミニウムである確率は相当高い と考える

なにやら 今回の原発事故の実態隠しに躍起の 東京電力に実によく似た態度をアルミニウム業界がとっていることがよくわかった

従来のキャベジンではアルミニウムが入っていましたが 現在 流通の「新キャベジンコーワS」 は
アルミニウムをまったく含まず、長期の継続した内服を続けてもかまわないようです

誤解されやすい情報をUPして失礼いたしました

プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード