スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真ちゃんのこと


しんちゃん

幼稚園からの幼なじみ

わたしの家の近所 歩いて3分の場所
彼の祖父が書斎用に建てた小さな一戸建てに 彼は両親と生活
真ちゃんは一人っ子

幼稚園のときだけ同じクラスだった
2人して 時々同じ女の子すみれちゃんを泣かせて先生に叱られた

彼女が途中で転園したときの喪失感をいまでもジョニは覚えている
1度だけ彼に意地悪されてジョニは泣いた

同じ公立小中学校だったのだが 一度も同じクラスにはならなかった

会えば立ち話はするが いっしょに遊んだ記憶はない
長身 小さいころから 足長

ジョニよりさらに小顔で 長い睫毛

モデルにもなれるほどのイケメン
女の子よりきれいな、エキゾチックな顔立ち

彼の父親は映画雑誌の編集者
そうとうの放蕩オヤジだった

真ちゃんの母が、父の出張中 机のカギを壊してみたら 引き出しのなかには 全裸美女と抱擁の父の画像がいっぱい詰まってたらしい

彼の母親は太めでグラマラス 大きな瞳 ややタレ目、色白 柔和な笑顔がチャーミングだった

自分は覚えていないが
どうやら 彼の母親の乳を生で触っていたらしい

我が母がときどき言う
「あなたが幼稚園のとき、真ちゃんのお母さんが ね

『ジョニちゃんは わたしのところにすーっと駆け寄ってきて そーっとブラウスの下に手を忍ばせて わたしのおっぱいをさわるの

で わたしが『どーしたの、ん?』ってみつめると なんにも言わずに走っていくのよ』って笑ってたわよ~」

我ながら 小さいときから 将来を見据えて 乳タッチをしてたのかな~

中学で野球部のピッチャーだった彼
絵に描いたようなヒーロー

バレンタインデーのときにいっしょに下校
「ジョニ 、おすそ分してやんよ」とカバンのなかを開ければ、 彼がもらった様々なデザインのパッケージのチョコがぎっしり

モテるやつは違うな と しみじみプライドを傷つけられたジョニ


それぞれ違う高校に進学してからは 半年に1度 道をすれちがうくらいの疎遠な仲に

まもなくジョニは国立の医学部へ
彼はフリーのカメラマンに

アルミニウム製のカメラ箱を肩から下げた真ちゃんは相変わらずカッコよかった



社会人になった彼は 中古の深紅のアルファロメオを駆っていた
燃料タンクの補給キャップは壊れていて 子供にいたずらされ彼は困っていた

東京から大阪への出張のときには その車で、東名高速ではなく 国道一号をずっと走った と語る
そのほうが運転が上手くなるから という理由だった

わたしがはじめて新車を購入したときに たまたま駐車場の前を通りがかった彼が わたしの車を試運転

「いい車だね さすが名車  でも 必ず! そのうち ぶつけるよ 」
人が高揚した気分のときに ヤなことを言って 本当に嫌味なヤツだ と腹立たしかった

それから まもなくジョニは電信柱をはねるのだが・・


彼の母親の訃報を耳にしたのが15年まえ

それから数年後 真ちゃんが亡くなった と母から聞いた

先月 2015年5月 小学生のとき以来 彼の自宅の前を通りがかった

家に人の棲んでいる気配がない

家のまえの横向きの駐車スペースには 古タイヤは1本 放置されたまま

朽ちた木製の表札
真ちゃんの両親のなまえ 真 真ちゃんのつぎに女性と男性のなまえ もある

錆びた赤い郵便受けから はみ出た郵便物が数通
いちばん最新の日付は 2007年だった


だれも 8年間 この家には寄りつかなかったのか

萌えるような生命力を感じる5月

ツツジやサツキの咲き乱れるなか 彼の自宅だけはモノクロームの空間
ポツンと取り残され廃墟に


なにがあったか知らないが 諸行無情 盛者必衰 をひしひしと感じた









スポンサーサイト

2015.2月も超忙しい



2/1からANAヨーロッパ往復航空券のサーチャージが17000円値下がりしたので、ずっと 2月になるのを待っていた

皆 考えることは同じと見えて 1月31日から日が変わって間もなくはANAのHPでの航空券予約はつながりにくかった

ジョニー 今年2月のミラノ、フィレンツェお買い物ツアーのための往復航空券をまず押さえた

やっときょうの午前中までに、今年2015年9月までのANAヨーロッパ航空券 ファーストクラス3往復の予約と発券
ANA、ヨーロッパ1往復航空券ビジネスクラス予約と発券を済ませた

これで 17000円X4=68000円の節約になるにゃ

ま、ヨーロッパに行かなきゃ 一番の節約なんだが笑

今月2月はとくに忙しい

まずロシアに飛んでエルミタージュ美術館に行く

帰国してすぐに ミラノ、フィレンツェお買い物ツアーにフランクフルト経由で 出かけてくる
最後の晩餐も観てくる

帰国したら3/16までに確定申告

こんなことを考えながら 診察してる


患者には申し訳なく思っている






ジョニー、聖徳太子になる



今月 2014年6月、知人に会いにカナダ バンクーバーへ5年ぶりの訪問をする

3泊5日で ほぼ弾丸ツアーに近い

ANAチケットは当然 すでに発券し、ホテルも押さえてある



7月上旬にはANAファーストクラスでフランクフルト経由でベルリン出張、ついでにポーランドまで足を伸ばす予定

どちらの海外行も2泊3日の秋田出張がその前後をはさんでいる


さらにカナダから帰国、そのまま秋田へ再び出張の翌日 こんどは金沢へ1泊2日で出張させられる


ったく人遣いが荒い! うちのクリニックもブラックで酷い!!


労働基準監督署に不当労働行為でチクってやる~



だが 金沢出張は ジョニのことを当地の院長がご指名のため 仕方なくメディカルのマネージャーがジョニのリクエストをすべて呑んでくれた

金沢なぞ行きたくもないので・・


わたしの要望は・・


ANAに乗りたい JALはヤ  

で ANAの羽田発小松行きにちょうどよい時間の便がなかったため、クリニックの始業時間から30分の遅刻を認めてもらった

さらに

「時給を2千円 アップさせるからさ」 と猫ナデ声で電話の向こうでささやいてきた


金沢の宿泊はここにしたい ってことで宿泊費はちょっと高額だが全額負担してもらうことに




話はかわるが・・


きょうの診察中もずっと

バンクーバーの、現地の友人とのアポや打ち合わせをメールでやりとり


その間に ANAのダイヤモンドデスクとYVR バンクーバーからのANA帰国便のビジネスクラスの確保の電話連絡と行きの座席のリクエスト


毎週2泊3日の秋田出張の飛行機の予約とカード決済が完了しているか 確認作業


7月 DUS デュッセルドルフから WAW ワルシャワまでの片道の航空機搭乗だが、どこの会社にするか

GERMANWINGS ジャーマンウイングか  AIR BERLIN か Polish Air LOT ポーランド航空 にするか それとも本命の LUFTHANSA ルフトハンザにするか

DB ドイツ鉄道の新幹線の乗車代と、所要時間をHPで調べて ドイツ国内移動用にチケットの購入と印刷


かなり頭を悩ます


悩む といえば ワルシャワから ユダヤ人強制収容所アウシュビッツのあるクラクフまでの移動を鉄道にするか 航空機にするか

鉄道での移動には3時間かかり 飛行機だと30分 しかも 費用は5000円弱

しかも ポーランド航空はANAとおなじスターアライアンス 星組で ジョニ、ラウンジに入れる



そのうち DUS デュッセルドルフから WAW ワルシャワ 99ユーロ よりも

CBN Cologne Bonn airport から WAW ワルシャワ 行きのGERMAN WINGS 39ユーロ のほうが絶対 お得 と判明

でもそれだと ワルシャワ到着は午後4時15分になっちゃうし・・

60ユーロ飛行機代が安くても 当地に4時間半遅く到着は意味なし



は~ なんと悩ましい



その間にも 診察やカウンセリングの患者が5分から10分毎に診察室に入ってくる


自分が何をしているんだか わかんなくなってきた



あっ とジョニの電話に着信

ポール スミスのジャケの補修をお願いしていた、仕立屋からの連絡だ



いまやっと 温泉から出て一息入れた


これから 今年5月の イタリア ミラノの記事をブログにアップしておかないと バンクーバー

金沢 ポーランドの記事を載せられなくなっちゃう



なんか 自分が お粗末な聖徳太子に見えてきた

いちどに7つ以上のことは明らかに同時進行で処理しているから


せめてもの救いは先週 5木 病院の臨床3科 ハシゴして受診、すべて異常ナシ と判明したこと かな











梅雨入り 2014



一年でいちばんジョニの苦手な季節が始まった
これから7月15日くらいまで 5週間じっと耐える日々

朝 鉛色の空を見上げるだけでもう鬱々たる気分だ




2014年は 6月の中旬まで カナダ バンクーバーにでかけ
7月上旬の10日間は東ヨーロッパをまわってくる予定だ


できるだけ海外主張は梅雨時を狙う

2013年は6月7日までドイツにいた


弥生時代以前から続く、この長雨の季節

うじうじ、ジメジメした天候はおのずから日本人の感性や考え方にも大きな影響力を持つ


欧州の白人女性の 日本人男性への印象は


貧弱な肉体
伸び放題の陰毛

とともに 

優柔不断

との答えが多い


そんな感じ 「may be・・・」の表現を多用する日本人男性の態度に苛立ちを隠さないブロンド美女も多い





このはっきりしない態度 意思表示の苦手な日本人の個性は この梅雨の空模様から培われたのではないか


ひんやりジメジメの天気をさらりと受け流し 耐える力は

代々の武家政権や明治、大正、昭和の、軍事力を背景に国際世論に刃向かい、、民意を無視した圧政 にたいする日本国民の諦めの境地を形成していく、大きな要因になったのではないか



きょうも都内はジーンズ裾までぐっしょり どんなに高級な革靴や高価なスニーカーも無力になるほどの雨脚の強さだ


帰りの駅のタクシー乗り場に並ぶ長蛇の列を想像するだけで ジョニーはますますブルーである




桜なんか早く散れ


あわただしく今年も日本列島を桜前線が北上中だ
東京 新宿御苑のソメイヨシノは今週末が見ごろ

きょうの雨ですでにかなり散ってしまった

不思議なことに


DNA検査によれば 日本全国のソメイヨシノはすべてクローン
一卵性双生児のようなもの

つまりわずか数本の原木に由来ししかも種子では発芽しない

すべて接木により全国津々浦々まで広められた

各地のソメイヨシノが一斉に咲き同時に花を散らす理由にもなっている


普通の樹木の一生もおくれない特殊な植生を愛でる日本人


それはまるでクローン、似たような容姿ばかりの芸能人有名人をありがたがる現代の世相に連なる


同じ豊胸手術に 二重まぶた手術 鼻尖への軟骨移植 眼瞼下垂


郷ひろみと桑田佳祐もface liftでそっくりの顔になってしまった

美容外科の隆盛は喜ばしい限りだが
同じような手直しの大量生産に加担した身には肩身は狭い



ラグビー日本代表のシンボルは桜
世界的にみても稀な4月新年度制に重なる開花 など日本人と桜の関係は深いのだが・・


試験に落ちたり女性にフラれたり と どうもジョニーは桜の季節に良い思い出は少ない

子供のときから桜を見上げるとジョニーの気分は千々に乱れる



   春の夜の夢の浮橋とだえして峰に別るる横雲の空  藤原定家


もともと春の夜は不安定な男女の関係にも例えられるのだが・・


春の宵、母は実家に近い名刹の苔むした参道を 泣きやまぬ乳児のジョニを背負ってよく歩いたという

認知されない赤子を意地で産み落とした母

これからの不安に耐えかね途方に暮れた母


ふと彼女が振り返ると満開の桜がほの明るく夜空を染めぬき 満面の笑みのわたしの顔が涙でにじんで見えたという


長い厳寒から開放されいっせいに生命の芽吹く春の象徴の桜


桜が嫌いなジョニーの心を悩ませてやまない

『嫌い 嫌いも好きのうち』 と男女の機微は教えるが 気になる桜が散らないと気が気でない








プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。