スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈ルーブル絵画〉St John the Baptist バプテスト ヨハネの首

image6.jpegimage7.jpeg

洗礼者ヨハネの首を受け取るサロメ LUINI ルイニ「Bernardino Salome Receiving the Head of St John the Baptist c.1530 Oil on canvas

古今東西の格好の絵画と文芸作品の題材

ヨハネは、誰に対しても、容赦なく罪を指摘し、悔い改めるように語りました。ガリラヤの領主、ヘロデ・アンティパスに対しても、自分の兄弟フィリポの妻であったヘロディアと結婚したことは旧約聖書の掟に反すると非難したが ヘロデはその教えを聞き、処刑は許可しなかった

妻ヘロディアはそのときからヨハネを恨んだ
ある時ヘロデが自分の誕生日に、ガリラヤの有力者や高官、将校たちを招いて、宴会を開きヘロディアの娘サロメは見事な踊りを人々の前で披露、上機嫌になったヘロデは、少女に何でもほしいものをやろう、この国の半分をあげてもよいと言った
サロメは母親に何を願えばよいか聞きに行くと、ヘロディアは「洗礼者ヨハネの首」を所望しろ とアドバイス
少女は王のところに行き、洗礼者ヨハネの首をねだった
ヘロデは何でもほしいものをやろうと言ったことを後悔したが、後の祭り
衛兵に命じて、牢でヨハネの首をはね、盆に載せて少女に与えた

洗礼者ヨハネの死を耳にしたイエスは、その時から本格的な宣教活動を始めた

じつは ヨハネは最初のうちはイエスに一目を置いて活動するものの 次第に教義や布教の考え方で一方的にイエスと反目するようになり キリスト教世界でのばぷてすとヨハネの評価は案外低い
スポンサーサイト

5回目のルーブル美術館③

image1.jpegimage2.jpeg

レンブラントの自画像

image3.jpegimage4.jpeg


いかさま師 ラ・トゥール

17世紀の画家 右の三人がグル 左端の青年がカモというわけ 飲み物をサーブしている若い女が マダムに青年の手札の詳細を告げる この画家は作品も少なく謎も多いのだが 日本では有名な作品

image5.jpegimage6.jpeg

プシュケとアモル
神話を題材にしている
プシュケ王女の目線がキューピットのアモルに合ってないのは 彼が見えていないから

ジョニがルーブルに来ると必ず訪れる作品 王女の表情が清楚であどけなくて可愛い オッパイのかたちもきれいだ




image7.jpegimage8.jpeg

ナポレオン ボナパルト AONTOINE JEAN GROS アントン・ジャン・グロス

image9.jpegimage10.jpeg

トルコ風呂 アングル

彼の最晩年82歳のときの作品 彼は女性の背中を好んで描いた いわゆる 背中フェチ笑
キャンバスをわざと丸く切って 覗き見の効果を狙っている



image11.jpegimage12.jpeg

マラーの暗殺 La Mort de Marat , Marat Assassiné

新古典主義最大の画家ジャック・ルイ・ダヴィッドによる歴史画の傑作
本作は1793年に起きたフランス革命を主導したジャコバン派の政治家ジャン=ポール・マラーが、対立するジロンド派の美しき擁護者にしてノルマンジーの落ちぶれた貴族、シャルロット・コルディに暗殺された場面を描いた作品 当時の最高権力機関である国民公会の依頼により制作

ところで・・・この包丁、ためらいなく、急所をまっすぐ貫いていた
一撃でマラー即死 その正確な殺し方は裁判でも注目されることに
シャルロットの死刑について
「ちょっと手慣れすぎてないか、この殺し方何人も殺したんだろ?」
裁判中冷静沈着だったシャルロットだが裁判官の言葉に、さすがの彼女もキレたとか

シャルロット・コルディはその美貌から、シャルロットの「美しき暗殺娘」と呼ばれた
最後は断頭台へと消えたが、その途上の彼女の儚さに恋した男性も多かった

処刑人ビクトルはシャルロット・コルディの首をビンタしたようだ
首にビンタするのをみて、さすがに観衆も大騒動になりビンタした人は殴り飛ばされてクビ

image13.jpegimage14.jpegimage15.jpegimage16.jpegimage17.jpegimage18.jpegimage19.jpegimage20.jpegimage21.jpegimage22.jpeg

12月10日 5回目のルーブル美術館②

image1.jpegimage2.jpegimage3.jpeg

聖母子と聖ヨハネ  ラファエロ

別名 美しい女性剪定 聖書に手を向けるのがイエス 十字架を手にするのがヨハネ

image4.jpegimage5.jpeg

聖母子と聖アンナ レオナルド・ダヴィンチ

マリアの母アンナ マリア イエス 3人が描かれている
マリアは無理な姿勢でアンナの右ヒザに腰をおろしている さても奇怪な構図だ なんのために こんなややこしいポーズにしたん?

image6.jpegimage7.jpeg

洗礼者ヨハネの首を受け取るサロメ LUINI ルイニ「Bernardino Salome Receiving the Head of St John the Baptist c.1530 Oil on canvas

古今東西の格好の絵画と文芸作品の題材

ヨハネは、誰に対しても、容赦なく罪を指摘し、悔い改めるように語りました。ガリラヤの領主、ヘロデ・アンティパスに対しても、自分の兄弟フィリポの妻であったヘロディアと結婚したことは旧約聖書の掟に反すると非難したが ヘロデはその教えを聞き、処刑は許可しなかった

妻ヘロディアはそのときからヨハネを恨んだ
ある時ヘロデが自分の誕生日に、ガリラヤの有力者や高官、将校たちを招いて、宴会を開きヘロディアの娘サロメは見事な踊りを人々の前で披露、上機嫌になったヘロデは、少女に何でもほしいものをやろう、この国の半分をあげてもよいと言った
サロメは母親に何を願えばよいか聞きに行くと、ヘロディアは「洗礼者ヨハネの首」を所望しろ とアドバイス
少女は王のところに行き、洗礼者ヨハネの首をねだった
ヘロデは何でもほしいものをやろうと言ったことを後悔したが、後の祭り
衛兵に命じて、牢でヨハネの首をはね、盆に載せて少女に与えた

洗礼者ヨハネの死を耳にしたイエスは、その時から本格的な宣教活動を始めた

じつは ヨハネは最初のうちはイエスに一目を置いて活動するものの 次第に教義や布教の考え方で一方的にイエスと反目するようになり キリスト教世界でのばぷてすとヨハネの評価は案外低い

image8.jpegimage9.jpeg

岩窟の聖母レオナルド・ダ・ヴィンチによるルネサンス期の宗教画
岩窟で腰を下ろす聖母子、大天使ガブリエル、そして洗礼者ヨハネの姿が描かれている
天使は、洗礼者ヨハネに教えるように、『見よ、神の小羊』とイエスに向かって指差ししている
洗礼者ヨハネは2本指で洗礼を与え、それをイエスが受ける場面

image10.jpegimage11.jpeg

1505年からレオナルドが描いたといわれる『洗礼者聖ヨハネ』
右手の親指と中指で十字架をもち、人差し指は天に向けられている

『聖ヨハネ』の修復は、レベルとしてはそれほど高いものではなく、本来の絵画の線を保護するためのニスの除去は最低限だったようだ

image12.jpeg

ミロのヴィーナス 

あまり背後からの画像がないので 

image13.jpegimage14.jpegimage15.jpeg

ハムラビ法典
目には目を の碑文が刻まれている 紀元前1760の建立


image16.jpeg

有翼人面牡牛像
イラクの宮殿から発掘された 古代オリエントコーナーも駆け足で巡った

image17.jpegimage18.jpeg

Jan Massys - David and Bathsheba

image19.jpegimage20.jpeg


0000 12/9 Oaseラウンジで 福引きゲームやってるNo 093 外れ
0230 12/10 Hugenotten 15室で就寝
0530 12/10 Hugenottengarten 15室でアラーム起床
0556 12/10 15室を出る
0603 12/10 腕時計で時間を見て慌てて 高台から坂を駆け下りる
0607 12/10 Friedrichsdorfで停車のS5 Frankfurt.süd行きに乗る
0608 12/10 Friedrichsdorf からS5 Frankfurt.süd行き発射
0637 12/10 Frankfurt Am Main
0640 12/10 Frankfurt Am Main 構内で短距離用チケ2.9E
0647 12/10 103ホームからS8 Wiesbaden行き発
0657/12/10 Frankfurt Flughafen 着❣️搭乗時間の1.5時間まえ でちょうど余裕がある❣️
0735 12/10 drop off と 手荷物検査を抜ける
0740 −0830 12/10 A50近くのLH senator Lounge
0844 12/10 14分歩いてA40に到着
0905 12/10 A40 ゲートからLH1028 CDG行きに優先搭乗 1D
0936 12/10 LH1028 CDG行きFRA離陸
1000 12/10 機内食食べ終わり
1007 12/10 機首トイレ💦
1032 12/10 LH1028 CDGに着陸
1135 12/10 Tax Refund 終了 二度とTravex現金で還付されないよう留意
‼️12/10 262E @114円 しかも7.61Eこちらから加算させておきながら 60000円もボッタされた‼️

1149 12/10 Travex を離れて
1154 12/10 shuttleterminal 1 を発射
12/10 10.3E VISA RER B ticket

1225 12/10 RER B Paris 行きnon stop CDG
q1258 Châtelet les Halles
12/10 15E VISA ルーブル入館
1704 12/10 Châtelet
1725 12/10 Châteletから RER B Aeroport Ch.de Gaulle行き発
1755 12/10 Aeroport Ch.de Gaulle
1800 12/10 Aeroport Ch.de GaulleからT1行きshuttle
1805 12/10 T1
1830 12/9 エリア3のANAで紙の搭乗券をもらう 出発が2時間遅れるので20Eの食事バウチャーをいただく
1900-2000 12/9 ANA裏のスタバで19.55E遣う ホットチリチキンサンド オーブンで加熱 旨し フルーツサラダ トールのカフェラテ ポテチ
2024 12/10 CDG 星組ラウンジへ
2115 12/9 超久しぶり ダイヤ優先搭乗でNH216 1D搭乗へINGRID女史とお話し
12/10 メトロ1番線 Palais Royal/ Musée de Louvre

12月10日 5回目のルーブル美術館①

毎年冬のジョニ恒例 ルーブル行脚

方向音痴のジョニ いつも広い館内で迷子 

でもおかげで 思わぬ名画に毎回遭遇

さて 2017年12月は 5時間しかないからジョニの一番好きな ヨーロッパ近代絵画のみ に絞っちゃった

ただし エジプトの書記官像 と 目には目を の碑文で有名な ハムラビ法典の石碑 は捜して観にいったよん

image1.jpegimage2.jpeg

弧を描くように自動券売機が10台並ぶ

image3.jpegimage4.jpeg

ここから館内に入場 チケットのバーコードを係員のレーザー読み取り機にかざす 今回 入場券を紛失
ブログにアップできなかった

image5.jpegimage6.jpeg

『サルダナパロスの死 』 ウージェーヌ・ドラクロワ (1798-1863)1827年
19世紀のイギリスの詩人バイロンに謳われる古代アッシリア帝国サルゴン朝の最後の王アッシュール・バニパル(サルダナパロスの別名)
彼は支配下の民衆のための益を望んだ王で勉学にいそしむ勤勉な王なのだが このドラクロワにかかると
、反乱軍の謀略によって失墜する王の最後は残虐でサイテーな人間に成り下がる

画面上部中央より左側へ配されるサルダナパロスは、鮮やかな赤色の敷布で覆われたベッドのうえで片肘を突き寝そべりながら周囲の光景を無表情・無感情で眺めている

その周囲では王の命令によって、家来や奴隷らが、財宝を破壊し、寵姫や愛馬などの全てを殺害する阿鼻叫喚、暴力的な様子が克明に描かれている
首吊りを計る女、さらに画面上部やや右部分へはサルダナパロスが火葬される処刑台も描かれる

image7.jpeg

ブロンドのMarieには赤い服が似合ってる 身長160cmなのに
このヒザ下の長さはどうだ

image8.jpeg

La Liberté guidant le peuple「民衆を導く自由の女神」ドラクロワ
フランスロマン主義の巨匠ウジエーヌ・ドラクロワの傑作「7月28日-民衆を導く自由の女神」

1830年のフランス7月革命で蜂起した人民の姿を描いたロマン主義的作品
民衆を導く女性はフランスを象徴する女性マリアンヌ

ドラクロワは自由と祖国を女性とあらわになった胸元で表現

画中、シルクハット帽と銃を手にしているのはドラクロワ本人であるとも

image10.jpegimage9.jpeg
Le Radeau de la Méduseメデューズ号の筏 テオドール・ジェリコー
19世紀のフランス絵画を代表する作品《メデューズ号の筏》ロマン主義の代表作
1816年に150人以上の乗組員を乗せた軍艦がセネガル沖で難破した遭難事故を描く

image12.jpeg

Nuptiae in Cana factaeカナの婚礼 パオロ・ヴェロネーゼ

『モナリザ』の対面の位置に飾られる 大作 カナの婚礼
ルーヴル美術館の中で、最も大きな絵画です。 作品のテーマは、新約聖書の一場面で「カナ」とは地名で、イエス・キリストが育った街「ナザレ」の北 ガリラヤのカナで開かれた結婚式に出席したイエスが、初めての奇跡 水をワインに変える仕業を見せた場面


image13.jpeg

Venus and Love
Lambert Sustrisランベルト サストリス


image14.jpeg

モナリザ の前には世界中から美女が集まってくる たいていは このモナリザを背景に自画どり 最高の笑顔になることが多く 毎年ジョニはここで美女を撮っている笑


image15.jpegimage16.jpegimage17.jpegimage18.jpegimage19.jpegimage20.jpegimage21.jpegimage22.jpeg

0000 12/9 Oaseラウンジで 福引きゲームやってるNo 093 外れ
0230 12/10 Hugenotten 15室で就寝
0530 12/10 Hugenottengarten 15室でアラーム起床
0556 12/10 15室を出る
0603 12/10 腕時計で時間を見て慌てて 高台から坂を駆け下りる
0607 12/10 Friedrichsdorfで停車のS5 Frankfurt.süd行きに乗る
0608 12/10 Friedrichsdorf からS5 Frankfurt.süd行き発射
0637 12/10 Frankfurt Am Main
0640 12/10 Frankfurt Am Main 構内で短距離用チケ2.9E
0647 12/10 103ホームからS8 Wiesbaden行き発
0657/12/10 Frankfurt Flughafen 着❣️搭乗時間の1.5時間まえ でちょうど余裕がある❣️
0735 12/10 drop off と 手荷物検査を抜ける
0740 −0830 12/10 A50近くのLH senator Lounge
0844 12/10 14分歩いてA40に到着
0905 12/10 A40 ゲートからLH1028 CDG行きに優先搭乗 1D
0936 12/10 LH1028 CDG行きFRA離陸
1000 12/10 機内食食べ終わり
1007 12/10 機首トイレ💦
1032 12/10 LH1028 CDGに着陸
1135 12/10 Tax Refund 終了 二度とTravex現金で還付されないよう留意
‼️12/10 262E @114円 しかも7.61Eこちらから加算させておきながら 60000円もボッタされた‼️

1149 12/10 Travex を離れて
1154 12/10 shuttleterminal 1 を発射
12/10 10.3E VISA RER B ticket

1225 12/10 RER B Paris 行きnon stop CDG
q1258 Châtelet les Halles
12/10 15E VISA ルーブル入館
1704 12/10 Châtelet

1725 12/10 Châteletから RER B Aeroport Ch.de Gaulle行き発
1755 12/10 Aeroport Ch.de Gaulle
1800 12/10 Aeroport Ch.de GaulleからT1行きshuttle
1805 12/10 T1
1830 12/9 エリア3のANAで紙の搭乗券をもらう 出発が2時間遅れるので20Eの食事バウチャーをいただく
1900-2000 12/9 ANA裏のスタバで19.55E遣う ホットチリチキンサンド オーブンで加熱 旨し フルーツサラダ トールのカフェラテ ポテチ
2024 12/10 CDG 星組ラウンジへ
2115 12/9 超久しぶり ダイヤ優先搭乗でNH216 1D搭乗へINGRID女史とお話し
12/10 メトロ1番線 Palais Royal/ Musée de Louvre

深夜のフィレンツェ大聖堂 

image2.jpegimage1.jpeg

image3.jpegimage6.jpeg

image5.jpegimage7.jpegimage8.jpeg


image9.jpegimage10.jpeg

フィレンツェの象徴クーポラ
その完成は、14世紀末からすでに困難が予想されていた
1418年にはクーポラの模型公募がおこなわれ、ロレンツォ・ギベルティ、フィリッポ・ブルネレスキ、ドナテッロらが応募。ブルネレスキの案が採用され

1420年に開始された建設は、1434年にクーポラの頭頂部が閉じられて一応完成

このクーポラは木枠を組まずに作られた史上初のドームであり、建設当時世界最大だった

ブルネレスキはクーポラを完成させたものの、クーポラ頭頂部に載せるランターン(明り取りの先端部)については、デザインのみで建築方法を考えていなかった

新たにランターンを載せる方法についての公募がおこなわれ、ミケロッツォの設計が採用された

ランターンは1446年に建設が始まり、1461年に完成

天蓋の天頂にあるブロンズ製の玉は彫刻家ヴェロッキオの製作

image11.jpeg

ジョットの鐘楼

image12.jpeg

サン・ジョヴァンニ洗礼堂

image13.jpeg

大聖堂西側のファザード

アルノルフォ・ディ・カンビオの設計により、建設と同時に着工sれたが完成しないままカンビオは死去し、その後紆余曲折を経て19世紀までファサードは未完成のまま

1864年にコンクールが行われ、エミリオ・デ・ファブリスによる新しいファサードが決定、この建設は1876年に始まり、1887年に完成
銅製の巨大な扉は1899年から1903年にかけて製作された


深夜のフィレンツェ大聖堂の一角は 広間とはまったく異なる様相を呈する
プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。