巡礼路ドライブの旅 番外編③ ポルトからマドリッド540kmを5時間で走破

IMG_9838.PNGIMG_9840.PNG


Portoポルト から Madrid airportマドリッド空港まで 540km これを5時間30分で走破しようと計画

14:14 (スペイン時間 15:14)Peninsula ホテルを出て
20:13 5/17 El Cruce到着
 
すごい!! ぴったし5時間で  マドリッド空港近くの、きょうの宿泊ホテルにチェックイン

image4.jpeg

総走行距離1576.8kmでポルトを出発


image9.jpeg

いちばん恐怖は GASOLINA の表示で 軽油 を販売していたこと

スペインでガソリンを給油するときには かならず ほかの客や店員に確認したほうがよい


image10.jpeg

image6.jpegimage7.jpegimage8.jpeg

image12.jpeg

シャワーが上がり 左前方に虹がかかる

image13.jpegimage14.jpeg

ガソリンを満タンにして

image15.jpegimage16.jpeg

ここまで 2138.8km走った マドリッド空港近くのホテルに到着 


(Time Line)

ポルトガル時間1251 ショッピングモールVIA CATARINA駐車場を出る

1414 Peninsula ホテルを出てサラマンカSalamancaへ

1530 5/17 1697.5km 高速道ガススタンドでランチとトイレ

1540 5/17 出発

1640 5/17 Espanha 入国 給油

2013 5/17 El Cruce到着チェックイン うるさい部屋 満室だから部屋の変更 断られる

T4の到着階 ホテルストップの手書き地図を書いてもらう

Crowne ホテルに到着



2100 5/17 OKレンタカー 無傷 満タンでdrop off 終了

黒VUITTON車内に落とした?

2420 5/17 El Cruce 102で就寝
スポンサーサイト

巡礼路ドライブの旅 番外編② Porto (ポルトガルのポルト)観光

ポルトはポルトガル北部の港湾都市 人口約263,000人。リスボンに次ぐポルトガル第二の都市
14世紀から15世紀にかけての大航海時代、ポルトで生産された船団は、ポルトガルの海軍の発展に大いなる貢献をした
ジョニの好きなポートワインの原産地
18世紀から19世紀にかけて、ポルト港から特産ワインがイングランドに盛んに輸出され、英語でポートワイン(ポルト・ワイン)と呼ばれて有名になった



image11.jpegimage8.jpegimage10.jpeg

マンゴージェラードをかじりながら
1204 5/17 Clerigos Tower クレリゴスタワーへ

image1.png
image3.jpegimage4.jpegimage5.jpegimage6.jpegimage7.jpegimage8.jpegimage9.jpegimage10.jpegimage11.jpeg



Clerigos は旧市街にあるバロック様式の教会 18世紀、イタリアの建築家ニッコロ=ナッソーニにより建造 高さ76メートルの塔は市のシンボルとして親しまれている

1996年、ポルト大聖堂、ボルサ宮殿、サンフランシスコ教会などがある旧市街が「ポルトの歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された

image13.jpegimage14.jpeg

1220 5/17 Cais da Ribeira 川っぷちをふらふら


image15.jpeg

1223 5/17 Ponte Dom Lois I 橋へ 遠くから眺める この橋は旧市街の世界遺産に含まれる
ポルトの中心部とヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区を結んでいる  ギュスターヴ・エッフェルの弟子の一人、テオフィロ・セイリグが設計し、1881年から1886年の間に建設された  

エッフェルはポルトにある別の橋、マリア・ピア橋の建設に携わっていた 1886年10月31日、ポルトガル王ルイス1世が出席して開通式を迎えたため Ponte Dom Lois I 橋と命名された

image16.jpeg

1229 5/17 ボルサ宮Palácio da Bolsa まえを通りすぎる


image4.jpegimage5.jpegimage6.jpegimage7.jpegimage8.jpegimage9.jpegimage10.jpegimage11.jpegimage12.jpegimage13.jpeg

1254 5/17 Porto Cathedral
市内で最も古い建造物であり、ポルトガル国内で最も重要なロマネスク様式建築の一つ
現在のポルト大聖堂はフーゴ司教の後援のもとで1110年頃に建立が開始されて13世紀に完成



image3.jpegimage15.jpegimage16.jpegimage17.jpegimage1.jpegimage2.jpegimage1.jpeg

1505 5/17 São Bento ベント駅  アズール壁画が有名

image2.jpeg
1505 5/17 São Bento ベント駅 もちろん列車も発着する


(Time Line)

1005 5/17 Peninsula 朝食会場へ JAP2人

1119 5/17 Peninsula 440をチェックアウト 荷物預けるも 管理体制まったくなってなくて不安

1204 5/17 Clerigos Tower クレリゴスタワーへ

1208 5/17 5E 登る

1220 5/17 Cais da Ribeira 川っぷちをふらふら

1223 5/17 Ponte Dom Lois I 橋へ 遠くから眺める

1229 5/17 ボルサ宮Palácio da Bolsa まえ

1245 5/17 São Bento ベント駅まえを通過

1254 5/17 Porto Cathedral へ

1303 5/17 Cathedral の中へ

1310 5/17 Cathedral 廻廊をチラ見

ポルトガル時間1251 ショッピングモールVIA CATARINA駐車場を出る

1414 Peninsula ホテルを出てサラマンカSalamancaへ

1530 5/17 1697.5km 高速道ガススタンドでランチとトイレ

1540 5/17 出発

1640 5/17 Espanha 入国 給油

2013 5/17 El Cruce到着チェックイン うるさい部屋 満室だから部屋の変更 断られる

T4の到着階 ホテルストップの手書き地図を書いてもらう

Crowne ホテルに到着



2100 5/17 OKレンタカー 無傷 満タンでdrop off 終了

黒VUITTON車内に落とした?

2420 5/17 El Cruce 102で就寝

巡礼路ドライブの旅 番外編① カーナビがぶっ壊れた!? Porto (ポルトガルのポルト) - Camino de Santiago 2017.5

image1.pngimage11.png

ジョニ Santiago de Compostella サンチャゴ デ コンポステーラ から Porto (ポルト)に向かう途上

カーナビがとうとう壊れた と深刻に受け止めていた

カーナビのPorto 到着予定時間が 現在の時刻よりも早くなっていたから

つまり いまの時間より20分以上まえに Porto 到着してるよ とGARMINのカーナビは表示していたのだ

翌日は Porto から スペインの Madrid まで 一気に戻るのに ナビが壊れていたらクルマを運転できない

image1.jpegimage2.jpeg

結局 ポルトガル領内の高速道の電光掲示あ板の時間表示を見て 納得

ポルトガルとスペインでは 時差が1時間あったのだ

スペインの 午後6時は ポルトガルで 午後5時だったのだ



image2.jpegimage1.jpeg

警官に断り 車を繁華街のメインストリートに路駐させたまま きょうのホテルへチェックイン
名前ばかりの カビ臭いサイテーのホテル

image5.jpegimage4.jpeg

ポルトの中心部のショッピングモールの駐車場の5階へ 駐車 となりが洗車場で かなり広いスペースだった

ポルト市内がなぜかバンコクのカオスを思い出させるような猥雑で 人で溢れる街だった 意外な発見

image3.jpeg

 走行距離 1572.4km


image12.png

ホテルの廊下で 4匹目の バリアードをゲット

巡礼路ドライブの旅 No.18 終章 Monte de Gozo(</span>モンテド ゴゾ 歓喜の丘)  - Camino de Santiago 2017.5

image14.png

Santiago de Compostera(サンチャゴ デ コンポステーラ) → Monte de Gozo(モンテド ゴゾ 歓喜の丘)

移動距離6.4km 15分

到着時間 2017年5月⒗日午後2時40分


image9.jpegimage10.jpegimage11.jpegimage12.jpegimage13.jpegimage14.jpeg


Santiago de Compostella大聖堂を望める場所で、大聖堂を指差す巡礼者の像がある… ハズが、ジョニには見つからず ローマ法王ヨハネ・パウロ2世来訪記念のモニュメントのみ


これで 巡礼路ドライブの旅はおしまい でもレンタカーの旅はつづくよ

一路 ポルトガルのPorto (ポルト)へ

巡礼路ドライブの旅 No.17 再び Santiago de Compostera (サンチャゴ デ コンポステーラ)- Camino de Santiago 2017.5

2017年5月15日の深夜11時近くに ホテルに入ったため 

第4日目  2017年5月16日 Santiago de Compostera (サンチャゴ デ コンポステーラ)の観光からスタート
1200 5/16 Hotel Praza Quintana 208 をチェックアウト

総走行距離 1250km

image5.jpeg

まず ホテルの目の前 大聖堂の裏側にあるキンターナ広場

image3.jpeg

巡礼路のゴールに着いて キンターナ広場の石段に腰を下ろし、ニコニコしていた女性の二人連れ
左の女性のリュックには 巡礼のシンボル ホタテ貝

image8.jpegimage9.jpeg

残念ながら 大聖堂は お直しちゅう オブラドイロ広場には世界中からの観光客と クリスチャンたちが集結

image10.jpeg

交差廊の南側、プラテリアス広場に面している銀細工の門のまえ 大聖堂の中に入るための行列 

image11.jpegimage13.jpeg

image12.jpeg

中央祭壇Altar Mayor 17世紀後半に造られたチュリゲラ方式 この画像を拡大すると

image17.png

聖ヤコブ スペイン名で サンチャゴ が祀られている


image14.jpeg

祈りの場である

image1.jpeg

大聖堂内部も修復中 オブラドイロの正面入り口と思しきあたりに辿りつけば、栄光の門(Portico de la Gloria)と言われる玄関ゲートが画像のように 覆い隠されている

拝廊と呼ばれる部分から身廊にはいる境
12世紀末の名匠マテオの作品でエッサイの木に見立てた柱にある、聖ヤコブが瞑想している彫像は見られない


image2.jpeg

聖ヤコブの柱の上部には半円型のいわゆるティンパヌム(tympanum)が据え付けられ、その中央にキリスト、4人の福音書記者、さらにその縁に黙示録の24人長老が彫り込まれていることが 上の画像 覆っているカバーにプリントされている画で判る


中央祭壇Altar Mayorの左横に地下礼拝堂Cripta への階段が続く

image15.jpeg

ここから地下礼拝堂に入る

image16.jpeg

聖ヤコブの棺  小さな柩 ずいぶん小さい人だったのだろうか


image9.jpeg

交差廊の南側、プラテリアス広場に面している扉は 銀細工の門 Puerta de las Platerias
と呼ばれ 

image8.jpeg

キリスト受難の様子 が刻まれている

image7.jpeg

プラテリアス広場の、星を掲げる女神の噴水 女神の足元には4頭の馬の像

image4.jpeg


IMG_9821.PNGIMG_9822.PNG

キンターナ広場に面し、聖年の年にしか開かない聖なる門(免罪の門)
1611年に創建、巨匠マテオが預言者像を造った この門が開くのは 7月25日の聖ヤコブの日が日曜日と重なる聖なる年だけ 確率は 7年に一度だね
 
image7.jpeg

image7.jpeg

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学はスペイン有数の大学のひとつ

ガリシア地方で最も伝統ある大学でキャンパスはサンティアゴ旧市街を挟み南と北にある サンティアゴは宗教都市であり、観光都市でもあり、また学生の街で、州行政の中心でもあるという異なった顔を持つ街


image16.png

オブラドイロ広場にも出没
スペイン、ポルトガルでよく見かける、大道芸人 浮遊術 トイレに行くときはどーするんぢゃ?ん?


image6.jpeg

キンターナ広場の、抜けるような青い空を真っ二つに切り裂いて 飛行機雲が伸びてゆく 


さあ Monte de Gozo 歓喜の丘に行こう
プロフィール

Johnny Dep

Author:Johnny Dep
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
↓ハピタス 無料登録はこちらから出来ます☆ ここから登録で30ポイントプレゼント
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード